キレイモの同意書について※学生が脱毛をする簡単な方法

キレイモはひざ下や腕などだけでなく顔やVIOラインなど全身の脱毛を施術することのできる脱毛サロンです。全身脱毛33ヵ所と豊富な施術箇所数でも月額9,500円の定額コースや学生限定の学割プランもあり、他の脱毛サロンと比較しても料金の安さが魅力的でもあります。またカウンセリングは無料で行われ、その際に無理な勧誘をせず、その後脱毛の予約も取りやすいことがキレイモの人気の理由でもあります。
キレイモは多くの人が利用していますが、未成年者は契約をする際に保護者の方が記入した同意書が必要になります。それは民法第5条2項で「未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は、取消すことができる」と定められており、親の同意書なしに未成年が契約を交わした場合、未成年者側の都合で取り消すことができるということです。これはクーリングオフと似たようにも思えますが、クーリングオフは消費者が契約した時点よりも仕事が忙しくなったなどの勝手な理由で利用できる制度ではありません。例えばキャッチセールスなどで強引な契約を結ばされた場合や契約書にクーリングオフが出来る内容が記載されている場合、1か月を超える契約期間で5万円を超える契約金額の場合などに適用されると考えられます。また契約書、申込書を交付された日から8日間がクーリングオフの期間とされ、その間に書面で通知する必要があります。その際は内容証明など日付が記載された方法を利用すると後の日付によるトラブルが少ないとされています。少々話しがそれた感じがしますが、クーリングオフにはそれなりの理由としかるべき手段を取る必要があるのに対し、未成年者が勝手に契約すると、何事の理由も関係なく契約を解除することが出来てしまうのです。これは消費者にとっては法律によって守られ問題が無いように思えますが、企業側からすると何かしらの損害につながる可能性があります。そのため、脱毛に関する契約は有効であることを法律上にも問題なくするために同意書が必要になるのです。
保護者の同意書が必要な場合は、その後の金銭トラブルを回避するためにも必ず保護者の理解を得た上で書いてもらいましょう。キレイモでは同意書はホームページからダウンロードし入手することが出来、保護者はそれに沿って必要事項を記入するだけです。書き方の見本はダウンロードするページにあるので、分かりやすく記入することが出来ると思います。

アクセスの多い脱毛体験談♪

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る