脱毛サロンが生理中は脱毛してくれないのはなぜ?

脱毛サロンの予約をしていた日と、生理が重なるというのはよくある話です。
利用する脱毛サロンによっては、その間いっさい施術できないところと、デリケートゾーン以外の部位ならば大丈夫という場所があります。
施術を断るのには、生理中はホルモンバランスの影響で肌が敏感になりやすいという相応の理由があるからです。
いつもどおり施術をしたとしても少しの刺激にも反応しやすくなっているせいで、強い痛みを感じることが多いですし炎症が起こりやすくもなります。
また、肌の抵抗力が落ちているため、感染症などのリスクも高まってしまいますし、長い時間ベッドに横たわっていることで、もしかしたら血液が漏れて汚してしまうかもしれません。
こういったトラブルを避ける目的に加え、肌と体を守るという意味も込められているのです。
もし生理と重なってしまったら、あるいは、もう少しで始まりそうだという場合は、できるだけ早めに予約日を変更するとよいでしょう。
中には当日の朝に気づくケースもありますが、当日キャンセルを不可としている脱毛サロンではキャンセルが行えず、1回分を消費してしまうことになりますので注意したいです。
生理中の脱毛は、これらのようなリスクが伴うため避けるのがベストなのですが、もちろん大丈夫な脱毛サロンでは施術を行うことができます。
生理とは関係のない部位のみという条件つきになるでしょうが、肌や体調などに変化が出る可能性を十分に理解したうえで脱毛を受けることが大切です。

脱毛サロンの施術を受けたいと考えた場合、しっかりと意識しておきたいのが、生理のタイミングです。
脱毛サロンの施術の特徴の一つに、施術の痛みが少ないという事があります。
VIOライン等、皮膚が敏感な部位は、痛みを感じるという事もありますが、最初の施術で痛みを感じた後は、少し痛いと感じる程度で、問題なく施術を受けていく事が出来るという事が一般的です。
そんな痛みが少ない施術ですが、体調が悪く、皮膚が敏感になっていれば、普段は痛みを感じない施術であっても痛みを感じる可能性があり、それにより、肌トラブル等が起きやすい状態になってしまいます。
ですから、体調不良の場合、無理をして施術を受けない事が大切です。
そして、生理中というのもまた、皮膚が敏感になっている事が多い為、施術は避けておく事がお勧めです。
IVOラインでなければ、施術は可能としているサロンもありますが、VIOライン以外の部位の施術であっても、避けておく事で、安全に施術を進めていく事が出来るようになります。
実際に、体調不良や生理の時に、避けるようにする為に、脱毛サロン選びの時点で意識しておきたいのが、キャンセル料の有無です。
施術の当日、急に体調不良になったり、生理になってしまう事は珍しくありません。
その時に、キャンセル料がかかれば無理に施術を受けてしまう事もありますが、キャンセル料が必要なければ、安心してキャンセルをする事が出来ます。
ですから、キャンセル料の有無をしっかりと確認しておく事がお勧めです。

アクセスの多い脱毛体験談♪

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る