脱毛サロンが妊娠中は脱毛を断る理由|妊婦のための脱毛知識

脱毛サロンで契約中に妊娠した場合は施術を断られることがほとんどです。
脱毛サロンで使用されているマシンが胎児に直接の影響があるわけではありませんが、妊娠中はホルモンバランスの変化によって肌が敏感な状態になっていて肌トラブルを起こしやすいことと、体勢によって施術の途中で具合が悪くなる恐れがあるためです。
具合が悪くなった場合に脱毛サロンでは対処できないので、妊婦の施術は断るのが一般的です。
光やレーザーは胎児に影響がないので、妊娠していることに気づかずに施術を受けてしまった場合にも問題はありません。
妊娠中には皮膚のメラニン色素が増えてしまうことがありワキやビキニラインの色素沈着が起こるため痛みが強くなったり、髪が抜けにくくなるなど毛周期が変化するためお腹などの毛が通常のときよりも増えてしまうため脱毛効果が少なくなり施術が無駄になることもあります。
脱毛サロンに通う場合、脱毛が完了するまでには数年が必要になるので妊娠の計画や可能性がある場合には注意が必要になります。
もし妊娠を考えている場合には無期限制など妊娠中に施術を休んで出産後に再度通うことが可能なサロンかどうかを調べてから契約することが重要です。
通える期間が決められている場合には残りが無駄になってしまう恐れがあり、休会できても手数料を取られることもあるので注意します。
産後も育児で忙しかったり睡眠不足からくる体調不良になることもあるため、妊娠前に脱毛を終了しておくほうが安心です。

近年は低コストでムダ毛の少ないキレイな肌を手に入れることができることから、毛深さに悩む女性が通うことが増えている脱毛サロンですが、ほとんどの脱毛サロンでは妊娠中の施術を断っています。

これは妊娠中の女性が脱毛サロンで施術を受けて万が一のことがあった場合に、訴訟に発展するリスクを避けるためといわれています。
現在、脱毛サロンで提供されているのは、黒い色素(メラニン色素)に反応するキセノンライトの光によって発生する熱エネルギーでムダ毛の毛根の発毛機能を奪うフラッシュ脱毛や、ムダ毛の発毛を抑える専用ジェルを塗った後にこのジェルの浸透を促進させるクリプトンライトの光を照射することでムダ毛の成長を抑えるS.S.C脱毛が主流となっています。
しかし、これらの施術で使用される脱毛器の光はいずれも皮膚の浅い部分に届く程度で、子宮の内部にまで到達ことはありません。
このため、妊娠中なのに妊娠に気づかずに脱毛サロンで施術を受けてしまったという方も、それほど心配する必要はないでしょう。

しかし、妊娠中の女性の体は、ホルモンバランスが不安定になりがちで、ちょっとしたことでも体調を崩しやすく、肌トラブルにも発展しやすいデリケートな状態になっています。
このため、施術時のわずかな刺激や痛みなどのストレスによって体調を崩し、赤ちゃんに悪影響が生じる可能性はゼロではありません。
妊娠後期になると、脱毛の施術による刺激で陣痛が誘発されてトラブルに発展するリスクもあるので、安全性が高い施術とはいえ、妊娠中の施術は油断はできないのです。

アクセスの多い脱毛体験談♪

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る