脱毛サロンの脱毛と医療脱毛は何が違う?-違いで選ぼう-

脱毛サロンと医療脱毛の大きな違いに、脱毛の効果というのが挙げられます。どちらで施術をしても、回数を重ねていくことで、ムダ毛の量はだんだん少なくなっていきます。大きく異なるのは、永久性があるかないかもそのひとつです。脱毛サロンでの施術を受けてみるとわかるように、照射した時に肌に感じる刺激は強くはありません。今ではほとんど刺激を感じないエステ脱毛のマシンもあります。デリケートゾーンは若干刺激を感じるとしても、ほかのパーツではそれほど強い刺激は感じないでしょう。それは脱毛サロンの脱毛器が、とても出力が低いという点にもあります。そのためエステでできるのは、減毛ということになります。脱毛の完了を迎えたとしても、毛の大元をなくしたわけではないので、いずれまたムダ毛は生えてくる可能性が残っています。これに対して医療脱毛の場合は、毎回の脱毛照射で、ムダ毛の生えてくる大元の毛乳頭などを破壊します。医療脱毛はレーザー照射により、ムダ毛の成長に必要な毛乳頭などの組織を破壊することで、永久脱毛の効果につなげています。これを毛周期のサイクルに合わせて行い、最終的にはツルツルにしていきます。医療脱毛の場合は、完了を迎えればその後は、ムダ毛が生えてくる元がないために、ムダ毛の再生はありません。ですから、永久脱毛を希望するのであれば、エステサロンではなく、医療クリニックでの医療レーザー脱毛を選ぶことで希望は叶います。

脱毛をしてみたいと考えている人にとって、脱毛サロンで受けるのと、医療機関で医療脱毛を受ける方法の、2つの選択肢があります。この、脱毛サロンと医療機関の医療脱毛とには、それぞれ特徴があり違いがあります。
大きな特徴のひとつは、脱毛をするために使用される、レーザー機器のレベルにあります。医療機関で行っている医療脱毛には、強力な照射パワーが高い機器を使うため、医師や看護師といった有資格者が行うことが義務付けられています。
一方の脱毛サロンでは、照射パワーが弱い脱毛機器で行うため、エステティシャンなどの、医療従事者ではないスタッフが、施術を行えるようになっています。
この違いは、脱毛を行う施術回数にも違いがでてきます。医療脱毛はおよそ数回に対して、脱毛サロンはさらに回数が増えるようです。
しかしながら、脱毛サロンで使用されている機器は、照射パワーが弱いため、施術の際の痛みが少ないようですが、医療脱毛で使用される照射パワーが高い機器は、光線を毛根に照射して細胞組織を破壊することから、ある程度の痛みが伴ってくるようです。このため、医療脱毛を行う際には、麻酔クリームや笑気麻酔を用いて、痛みを軽減することもできるようです。
脱毛サロンや、医療機関で行う医療脱毛には、それぞれに特徴があるので、脱毛をこれから考えられている方は、参考にされてはいかがでしょう。無料相談を行っているところがありますので、問い合わせてみるのもいいでしょう。

アクセスの多い脱毛体験談♪

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る