脱毛サロンのあとのアフターケア|ケア方法は?

脱毛サロンを利用する場合は、アフターケアが重要です。アフターケアとは施術をした肌をしっかりと冷やすことです。脱毛サロンの施術では、脱毛する部位にレーザーや光を当てることで、毛を毛根から焼き切ります。自然と生えている毛を脱毛するので、肌に負担をかけています。脱毛後は、皮膚の内部が少し火傷しているので、炎症を抑制するためにアフターケアを施します。脱毛サロンでは、保湿なども含める場合があります。肌の表面が保湿されて、角質層に柔軟性が蓄えられると、残されたムダ毛も抜けやすくなるためです。よって脱毛サロンを選ぶ時は、クールダウンの時間や保湿をするかなどを確認すると良いです。また自宅に帰ってからも、アフターケアは続きます。当日は入浴は禁止です。脱毛サロンによっては肌に優しい施術で、入浴を許可する場合もありますが、肌が弱い人はなるべく控えます。入浴すると血行が良くなるので、炎症を促進させてしまいます。さらに入浴剤が大きな刺激になって、肌が火照ったり赤くなったりします。脱毛サロンでは、脱毛後はスポーツしないように注意しています。ダメージを受けた肌は紫外線に当たるとさらにトラブルを引き起こします。またサウナやホットヨガも体温を上げます。特にレーザー脱毛の場合は、黒褐色に反応するので、屋外で日焼けをすると次回の施術が痛くなります。脱毛サロンでは適切なアフターケアを行っているので、個人の意識を高めることも大切です。

脱毛サロンにいって脱毛することによって、肌を綺麗にみせたりすることができるようになります。しかし、その後のアフターケアをしっかり行なわなければ肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。
そのため脱毛サロンを選ぶ場合には、アフターケアをしっかりしているかどうかをサロンを選ぶ基準のひとつにすることをおすすめします。
脱毛サロンで行なわれるアフターケアは、脱毛施術後に肌を冷やすことになります。脱毛はレーザーや光を当てて熱エネルギーによって毛根を焼いていくという仕組みになっているため、皮膚の内部が軽い火傷のような状態になっています。そのため、施術後には冷却したガーゼや保湿ローションなどでしっかりとクールダウンをしていくことが重要です。これを怠ってしまうと肌が炎症してしまうなどの肌トラブルを招いてしまいます。
自宅で行なうケアとしては、施術を行なった後24時間は汗をなるべくかかないようにして、激しい運動や飲酒は避けて、浴槽にはつからずにシャワー程度にしておき脱毛した部分は強く擦らないようにします。市販の化粧品や制汗剤の使用も避けた方が良いとされています。また、肌にダメージを与えてしまう日焼けはなるべく避けることが重要です。なるべく紫外線に当たらない長袖と長ズボン、マスクやサングラスなどをして過ごすことが理想的ともいえます。
脱毛後、きちんとアフターケアをすることで肌の表面が保湿され健康な状態を保っておくと、その後の脱毛も楽になります。

アクセスの多い脱毛体験談♪

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る